イソフラボンイメージ

イソフラボンで女性らしさをアップしアンチエージングしましょう

イソフラボンは女性にとって大切なものです。
更年期障害や女性ホルモンの働きを正常にするためには毎日きちんと摂取したいものです。
ところでイソフラボンが豊富に含まれている食べ物の代表には大豆製品があります。
納豆や豆腐、豆乳などに含まれる量は大体1日1個ずつくらい食べると1日に必要なイソフラボンの量70mgから75mgを十分に満たすことができます。
また、サプリメントで摂取する場合には1日の摂取量のうちの30mgを上限に摂取すれば過剰摂取になることもなく副作用に悩まされることがないと言われています。
以前、サプリメントは過剰摂取に陥りやすく食べ物から取るのが望ましいという説がひとり歩きしてサプリメントでの摂取が子宮内膜増殖症や乳がんを引き起こしやすくなるというようなコワーいことを言われていましたが、それはサプリメントのせいではなくイソフラボンを1日の上限量よりも多く取り過ぎたことが原因ですので、そこのところは誤解しない方が良いと思います。
外食などが続き大豆製品が取れないようなときはやはりサプリメントで大切な栄養分を補うことも大切な事なのです。
そして、大豆アレルギーの人の場合には大豆製品は当然食べたくても食べられないではないですか。
また、私のように毎日大豆製品による献立を考えるのが面倒くさいというズボラ人間も世の中にはいらっしゃることでしょう。
そんな人のためにも錠剤やドリンクによって1日の摂取量を身体にポーンと取り込めるサプリというものは非常にアリガタイものなのです。
もともと洋食好きの私には、毎日納豆、毎日味噌汁、毎日冷ややっこというものが到底ダメなものでそんな時にはドラッグストアでサプリメントを購入して補うようにしています。
これがまた女性の身体に素晴らしい影響を与えてくれます。
先ず、1年間イソフラボンサプリhttp://kan-ya.jp/kininaru.htmlを続けていると生理痛と生理不順が治りました。
そして骨密度をクリニックで測定してもらったところ、今現在のアラフォー年齢よりも10歳くらい若い人の骨密度と一緒だと太鼓判を頂いちゃいました。
この調子だとつらそうな更年期障害も見事にクリアできそうです。
また、私の場合恥ずかしながらバストがAカップ未満という、いかにも貧相なものでブラジャーなしでも歩けるねと口の悪い友達からからかわれておりましたが、それも1年間の間でBカップのブラジャーまであと一歩というくらいに女子力がアップするという想像以上のうれしい効果がありました。
毎日適切な量を取り続けることで副作用もなく快適で若々しいハッピーな人生が送れそうです。

Copyright(C) 2009 だいずの力.com All Rights Reserved.